右フレームの著者別索引の各行をクリックすると、このフレームに著者名一覧が表示されます。

表記について

原文の表記を尊重しつつ、読みやすさに配慮して、以下のように扱います。

■段落の扱い
○段落冒頭の「一字下げ」はしません。
 一行あけることで新しい段落の開始を示します。
○段落内では強制改行をしません。

■段落番号について
段落番号は底本にはないものですが、ディスプレイ上で読む際の利便性を考慮して設けたものです。

■行間
読みやすさに配慮して、行間を広くとります。
160%~180%程度の行間をあけます。

■かなづかい
底本の文章が歴史的仮名遣いで表記されている場合は、それを現代仮名遣いに直すことはせず、歴史的仮名遣いのままで電子テキストを作成しています。 詳しくは、「旧仮名遣いについて」をお読みください。

■ルビについて
底本に従って、ルビをふります。 ただしウェブブラウザによっては、本来の位置に表示されないこともあります。 たとえばFireFoxでは、本来漢字の上部に表示されるべきルビが、( )内に表示されます。
 例:里実(さとみ)


ホーム
著者別索引

その他
(時代別)